FC2ブログ
          
         工房のホームページはここをクリック

         スマホ版ホームページはここをクリック

2011
09.20

!NAKKAN! (なっかん)的 初秋のお手入れMartin Committe編

今回は完全アンラッカーのテナー。
アンラッカーのお手入れにも仕上げはラッカーポリッシュ。
渋い真鍮の酸化皮膜の鈍び色が美しい。

110919_2128~01

110919_2128~02

しかし、完全にリークをとって、すこしわだちを深めにセットすると、MARTINはダークで渋い木管的な音に変わる。ベルのBb-B間の径がCONN 10Mより1cmほど太く、ベルの径が1cmほど短い。
これがセルマーのバランスアクション以降の近代サックスとは異なるアドルフサックスの本来の設定かもしれない。(これはBuscher Aristcrat,true toneに顕著)
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://masaka392000.blog.fc2.com/tb.php/29-feef51a3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top